タックホーム/株式会社 拓昌:小さなおうち 大きな幸せ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

TAC HOMEのZEH普及目標

年度 2016年度
(平成28年度)
2017年度
(平成29年度)
2018年度
(平成30年度)
2019年度
(平成31年度)
2020年度
(平成32年度)
ZEH受託率 0% 20% 30% 40% 50%

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電システム等により住宅で創りだしたエネルギーの方が多い、もしくはその差が正味(ネット)ゼロになる住宅の事です。

消費電力のムダを省く「省エネ」と同時に、太陽光発電などでエネルギーを作り出す「創エネ」、エネルギーの状態を見る「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。

「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」
を同時に実現する住宅

使う電力<発電する電力 消費電力より発電する電力がより多い エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのこと。 [経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建て住宅の過半数でZEHを実現する事」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。]簡単に言うと…エネルギーを自給自足するエコな住まい/高断熱でエネルギーを極力必要としない/高性能設備でエネルギーを上手に使う/エネルギーを創る